便利な文献管理ソフト(reference manager)②:参考文献自動作成機能

昨日の記事の続きです。

私は学部生の頃は、文献管理ソフトがあるのは知っていましたが、何がそんなに便利なのか分からず、当面使わずにいました。現在は文献管理ソフトウェアがないと研究生活に支障がでると断言できるくらい、文献管理ソフトウェアに頼っています。

文献管理ソフトの便利な点はいくつもありますが、今回はそのうちの1つ、「参照文献を自動で作成してくれる機能」について紹介したいと思います。例は現在使っているMendeleyを使用していますが、その他の管理ソフトでも変わらないと思います。

例えば論文を書いていて、例えば一昨日のInoue (2003)の論文を引用したくなったとします。Inoueの記事のデータを文献管理ソフトウェアに取り込んでいれば、ワードの「Insert citation」を押し(ちなみにこのInsert Citationのボタンは文献管理ソフトウェアをダウンロードすると、ワードに追加できるようになります)、
201505031309117d0

 

文献管理ソフトとリンクさせるだけで、
20150503131649f86

 

以下のようにリンクが貼られるようになります。(四角で囲んだ部分)
2015050313252495d

 

最後に参考文献のリストを加えたいときは、「Insert Bibliography」を押せば自動で挿入されます。
20150503130903d97

自分で参照文献を手作業で作成する場合、その論文でどの文献を引用したか、くまなくチェックする必要があります。自分でチェックしたつもりでも、どうしても参照文献の書き忘れやミスも多くなります。

また、論文を書く際には、「APA」や「Chicago Manual Style」など引用のフォーマットがあり、それによって巻末の参照文献の書き方も変わってきます。論文をAPA方式で書いた後に、提出する学術誌・出版社に合わせてChicago Manual Styleに変更しなければいけなくなることなどもあるので、そんなとき手作業で一つ一つチェック、確認、訂正していくのにはかなり時間がかかります。文献管理ソフトウェアがあると、クリック一つで自動で「APA」から「Chicago Manual Style」(又はその他の形式等)に変えてくれるので、作業の大幅削減につながります。

勿論、文献管理ソフトウェアでも元データの正確性等の確認は必要ですが、手作業よりは大幅な時間削減になるうえ、ミスも減ります。

文献管理ソフトの便利な点はまだもっとあるので、このシリーズはまた時間があるときに順次追加できればと思います。



1 Comment

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然メールをお送りする失礼をお許しください。
    知り合いから「旅する応用言語学」に私の拙著への言及があったというメールをもらいさっそくホームページを訪れました。私のつたない論文をとても丁寧に読んでくださり感激しました。ほんとにありがとうございます。"Vicarious Language"のイントロの章でしたらPDFがあります。もしご興味がおありでしたらおしらせください(今となっては読み返すのも恥ずかしいくらいですが)。それにしてもすばらしいブログですね。今まで知らなかったのが残念です。RRSを登録しました。いつか管理者さまのご研究論文を読ませていただければと思います。それでは。まずはお礼まで。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*