【入門書の紹介】Discourse Studiesで鍵となる論文40本を掲載した本

  • Angermuller, Johannes, Dominique Maingueneau, and Ruth Wodak, eds. The discourse studies reader: Main currents in theory and analysis. John Benjamins Publishing Company, 2014.

Discourse Studiesと言っても一つの決まったものがあるわけではなく、ディスコースの定義も様々ですし(詳しくはこちら)、学者や学派によってその理論的背景や使用データ、方法論も異なるのですが、上記の本では、ヨーロッパと北米のディスコース研究の理論・分析で重要となる論文40本を掲載しています。

ソシュールやバフチンフーコーなどのディスコース研究に大きな影響を与えた理論家の論文も含められてます。

様々な分野の論文が含まれているので、ディスコース研究を多少やった人にも、新しい視点が得られるような論文が含まれているのではないかと思います。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*