Cumminsの提唱したCF(会話の流暢度)、DLS(弁別的言語能力)、ALP(教科学習言語能力)について

Cumminsの相互依存モデル

以前、Cumminsの提唱した相互依存モデルと、BICS(いわゆる日常会話能力)とCALP(学問的な思考をするときに必要な言語能力)の区別について説明しました。

Cumminsの相互依存モデル、BICSとCALPについて

BICSのほうは2年ほどで習得可能ですが、CALPとなると5年~7年はかかるといわれています。

 

CumminsのCF, DLS, ALP

Cumminsは1990年代から、言語能力をCALPとBICSという二項対立ではなく、以下の3つに分けて考えます。

  • Cummins, Jim. Negotiating identities: Education for empowerment in a diverse society. California Assn for Bilingual, 1996.
  • Conversational fluency(CF)(会話の流暢度)
  • Discrete language skills (DLS)(弁別的言語能力)
  • Academic language proficiency (ALP)(教科学習言語能力)

会話の流暢度(CF)がBICSに当たるものですで、教科学習言語能力(ALP)がCALPに相当しますが、その間にDLSというものが加わりました。

弁別的言語能力(DLS)を加えた背景には、米国で当時行われていたマイノリティ言語児童のための政策・実践・評価がすべて文法や語彙の習得(いわゆるDLS)中心で、教科学習言語能力(ALP)の向上には力をいれていなかったことがあげられるそうです(中島 2016, p, 56)

 

Conversational fluency(CF)(会話の流暢度)

会話の流暢度というのは、日常生活に必要とされる会話力です。頻度の高い語彙や簡単な文法の使用を伴います。

いわゆるBICSにあたるものです。

学習者の場合、1年~2年ぐらいで習得可能と言われています。

 

Discrete language skills (DLS)(弁別的言語能力)

弁別的言語能力というのは、基本文法、音韻に関する知識、文字の習得(文字に関する知識・文字を解読する力)などの個別の言語技能を指します。

これは会話力の向上と合わせて、同時に学ばれることが多いです。

 

弁別的言語能力は、相互依存的なこともあれば、そうでないこともあります。

例えば、フランス語とスペイン語のバイリンガルだと、フランス語の文法知識がスペイン語を学ぶのにいかせます。

ただ、日本語とフランス語だと、それはなかなか難しく、言語ごとに学ばなければなりません。

 

DLSの習得期間は個々のスキルによって異なります

文字の習得など、母語と似ている場合はすぐ習得するでしょうが、文字体系が違う場合はずいぶん時間がかかります。

 

 

Academic language proficiency (ALP)(教科学習言語能力)

教科学習言語能力は従来のCALPのことで、日常生活では聞かないような語彙の習得、抽象概念の理解などが含まれます。

また、言語的にも複雑で、抽象的な文章を理解し、さらには産出することも要求されます。

 

ALPの習得は5年~7年ほどかかるといわれています。

 

興味のある方は

この前も紹介しましたが、Cumminsと共同執筆もしている中島が以下のような本を出しています。

  • 中島和子(2016)『完全改訂版 バイリンガル教育の方法』 アルク.

この本でもこの3つについて言及している箇所があります。

 

なお、日本では、日本語が母語でない児童のALPを測るため、「外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA」というものが開発されています。

 

カミンズの論文を中島が翻訳して出版した本もあります。

  • ジム・カミンズ(2011)『言語マイノリティを支える教育』慶應義塾大学出版会



1 Trackback / Pingback

  1. Cumminsの相互依存モデル、BICSとCALPについて – 旅する応用言語学

Comments are closed.