応用言語学とは?

応用言語学は(人によって違う解釈もあるようですが)、言語学の理論・研究成果を、他の分野(教育学等)も取り入れながら、社会の様々な側面に応用していく分野です。言語教育や言語習得などがそれに当たります。

日本語の入門書だと以下のようなものがあります。

  • 白井 恭弘 (2013) ことばの力学――応用言語学への招待 (岩波新書)

この本の紹介記事はこちら