応用言語学とは?

応用言語学とは?

応用言語学は、(人によって解釈も違うのですが)様々な分野の知見(教育学等)も取り入れながら、現実の社会の様々な言語に関する課題に対応していく学問です。

例えば以下のような分野があげられます。

  • 言語習得・喪失
  • 言語教育
  • 社会言語学
  • 語用論
  • 通訳・翻訳
  • 異文化間コミュニケーション
  • 認知言語学・心理学
  • 言語と脳
  • コーパス言語学
  • 教育工学

 

応用言語学の参考書

「応用言語学」と一口にいっても広いため、すべての分野を網羅したものはあまりないようです。

英語文献だと、Guy Cookが、2003年に新書を出版しています。

  • Cook, Guy (2003). Applied Linguistics. Oxford University Press. 

あまり長くないので読みやすいと思います。

ちなみに、Cookは2015年に現在の応用言語学について再考した論文も出版しています。

 

各分野の入門書については過去の記事でいくつか紹介したので、ご興味のある方はご覧ください。

 

  • 小池生夫(編集主幹)(2003)『応用言語学事典』研究社

↑日本語では応用言語学の事典も出版されています。