CATEGORY

日本語教育・日本語学

  • 2021年9月15日

述語の分類と、述語と述部の違いについて

この記事では述語の分類と、述語と述部の違いについて説明します。 述語とは?述語の分類 述語とは 述語は、文の中で「~だ/~である/~です」や「~ます/~する」などの形をとって、「何だ」 「どんなだ」 […]

  • 2021年8月2日

日本語文法でよく出てくる「うなぎ文」とは何か?

この記事では、日本語文法でよく出てくる「うなぎ文」について説明します。 まずうなぎ文とは何かを説明したあと、その解釈について説明します。 うなぎ文とは? うなぎ文 「うなぎ文」は、以下の本で奥津が提示 […]

  • 2021年8月2日

相補分布(complementary distribution)とは何か

相補分布とは 相補分布とは、言語学で使われる用語です。 特に、音韻論(特に音素の分析)で重要な概念です。(音韻論については「音声学(phonetics)と音韻論(phonology)の違いについて」を […]

  • 2021年7月20日

日本語の連濁のルールについて

連濁とは、単語と単語が合体するときに、後ろの語の語頭が濁音に変わることをいいます。   例えば、「鼻(はな)」と「声(こえ)」が合わさると「鼻声(はなごえ)」になりますね。 後ろの語「声(こ […]

  • 2021年6月28日

「とりあえず」と「一応」の違いについて

この記事では「とりあえず」と「一応」の違いについて説明します。 どちらも似たような意味で使われることが多く、違いを説明するのが難しいです。 どちらも使えるとき 「とりあえず」と「一応」は両方使えるとき […]

  • 2021年6月12日

「だけ」と「ばかり」の違いについて

「だけ」と「ばかり」 「だけ」と「ばかり」は以下のように似たような意味で使われます。   他にも人はいるのに、なぜかAさんは私ばかりに仕事を押し付ける。 他にも人はいるのに、なぜかAさんは私 […]

  • 2021年5月29日

当用漢字と常用漢字の違いについて

当用漢字・常用漢字 当用漢字は、1946年の当用漢字表に含まれている漢字1850字のことです。 当用漢字は1981年の常用漢字の告示に伴い、廃止されています。 現在の常用漢字は、2010年に公示された […]

  • 2021年5月26日

アクセントの滝とアクセント核の違いについて

日本語のアクセント 日本語のアクセントは高いか低いかで決まる、高低アクセント(ピッチアクセント)です。 なので、いつ低い音から高い音に移行するか、または高い音から低い音になるかを意識することが、アクセ […]