Lexical bundles(単語連鎖)とコロケーションとイディオムの違いについて教えてもらいました。

参考書

コーパス言語学を専門にする知り合いが「Lexical Bundles」(単語連鎖)について研究していると言って、私には「lexical bundles」という言葉自体が初耳だったので、Lexical bundlesとコロケーションの違いについて教えてもらいました。

以下は知り合いの説明と、下記の本に掲載されていた「Biber and Conrad (1999) Lexical Bundles in Conversation and Academic Prose」の中の記載を参考にして書いたものです。(ただ、いろいろな定義があり、人によって使い方も違うようです)

  • Biber, Douglas, and Susan Conrad. “Lexical bundles in conversation and academic prose.”  in. H. Hasselgard & S. Oksefjell (Eds.), Out of corpora (pp. 181–190). Amsterdam: Rodopi.

 

イディオム

kick the bucket (=死ぬ)、bear in mind(=覚える)、around the bush (=遠回しに言う) のように、その表現を構成する1つ1つの単語「kick」「bucket」「bush」などからはその表現の意味(「死ぬ」、「覚える」、「遠回しに言う」など)が想像できない、比較的一定の表現のことをいいます。(Biber and Conrad 1999, p. 183)日本語では慣用句と訳されることが多いようですが、ちょっとニュアンスが違うみたいです。

コロケーション

ある単語と単語のよく使われる組み合わせやつながりのこと。例えば、「みかん」という単語のコロケーションだと「みかんを食べる」「こたつの上のみかん」「くさったみかん」「みかんを買う」などといったようなよくある組み合わせが思い浮かびます。Biber and Conad の例では(p.183)、littleはよくbaby, bag, bit(s), boy(s), devilなどといった言葉とよく共起し、smallはamount(s), letters, part, pieceなどといった単語と共起しやすいといっていました。

Lexical bundles(単語連鎖)

よく出てくる単語のつながりですが、コロケーションより長いです。「do you want me to」 、「I said to him」, 「in the case of the」、「what I want to do is」「those of you who」「I just kind of」など、良く使われる組み合わせのことを言います。これらは完全な文ではなく、慣用句や決まり文句でもありません。さらに、普段自然に使うので見落とされがちで、直感でではなくコーパスを通して実証することで分かっていくことが多いようです。

イディオムとの違いは、イディオムは日常で必ずしもよく使われるわけではないのに対し、lexical bundlesは、日常(またはある場面)で頻出する単語のつながりのことを指すそうです。

こういうlexical bundlesは言語学習でかなり役にたちそうだと思いました。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*