言語学者のCameronの講演を視聴しました。彼女の造語のVerbal Hygieneについても説明していました。

有名なスコットランド出身の言語学者のDeborah Cameronの講演がYoutubeにアップロードされていたので、見てみました。

彼女はジェンダーやディスコース分析などが専門で、今はオックスフォード大学にいます。

  • Cameron (2012) The one, the many and the Other - Multilingual, 2.0?

彼女はそこで彼女の造語であるVerbal hygieneについて説明していました。verbal hygieneの翻訳はどうなるのかわかりませんが、言葉について干渉すること全般を指す言葉だと理解しています。

よくあるのは例えば、「きれいな敬語を使いなさい」とか「女性だったら女性らしい言葉を使いなさい」、「正しい文法を使いなさい」「標準語で話しなさい」のような規範的な言葉遣いを推奨等することですが、規範的なものだけでなく、「わかりやすい言葉で話そう」とか「方言推進運動」など言葉を規制しようとする動き全般を指す用語のようです。

他にもこの動画はmonolingualismとmultilingualismが持つイデオロギー(+その現実との齟齬)にも触れていてなかなか示唆のある講演でした。

Deborah Cameronは以下のような一般書も出版しています。

  • Cameron, Deborah. The myth of Mars and Venus. Oxford University Press, USA, 2007.



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*