APAスタイルでの引用符(single/double quotation marks)について

昨日に引き続き引用スタイルについてです。

APAスタイルで今論文を書いているのですが、引用符(single/double quotation marks)について前も調べた記憶があるものを今回も同じように調べているので(涙)、備忘録にメモしておきます。

  • American Psychological Association. Publication manual of the American psychological association. Washington: American Psychological Association.

★Double quotation mark(” “)を使うとき(参考サイトはこちらこちら

  • 定義語や皮肉の意味で言葉を使う場合(一回目のみdouble quotation mark(” “)。2回目以降は引用符なし。)
  • 本のチャプターや学術論文のタイトル(ただし、本・学術誌のタイトルは斜体で記載し、double quotation markは使わない)
  • 40ワード以内の引用文
  • 書き起こしたスピーチの引用

★引用の中の引用の場合はsingle quotation mark(’ ‘)を使う

★基本的にピリオド(.)、コンマ(,)、疑問符(?)は引用符の中に記載(例:”I am a student.” “student,”)。それ以外のコロン(:)やセミコロン(;)などは引用符の外に記載(例: “I am a student”; and…)



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*