メタ言語(metalanguage)とパラ言語(paralanguage)の違いについて

この記事では、メタ言語とパラ言語の違いについて紹介します。

 

メタ言語とパラ言語

メタ言語とパラ言語は、ことばが似ているのでややこしいのですが、意味は全然違います。

メタ言語:言語について説明・記述するときに使う言語のこと

パラ言語:イントネーション、声の速さ、ポーズや声量など、言語以外で伝わる音声情報のこと

 

以下、詳しく説明します。

 

メタ言語

メタ言語の「meta」という接頭辞は、 「超越」「高次」「抽象度を高めた」という意味があります。

メタ言語というのは、言語そのものについて説明・記述するときに使う言語のことです。普段使っている言語を、一段上から眺めて、分析・記述するイメージでしょうか。

メタ言語は、最初はロマーン・ヤコブソンよって使われた用語のようです。

 

例えば、以下のような言語について記述しているものは、基本、すべてメタ言語になります。

  • 英語は3単元のsがある
  • 英語はaとtheという冠詞があるが、日本語にはその区別がない
  • 「He is a student」のときの「he」は主語だ。

 

「動詞」「名詞」「形容詞」などの文法用語もメタ言語になります。

言語を学習するときに、文法を学ぶと思いますが、文法もメタ言語と考えていいと思います。

 

パラ言語

パラ言語とは、イントネーション、声の速さ、ポーズや声量など、言語以外で伝わる音声情報のことです。

「para」という接頭辞は、「~の近くに」「~を超えた」「補助的な・副次的な」というような意味があります。

 

人がコミュニケ―ションをするとき、話している内容(文字化できるもの)以外にも、声の速さや声質、イントネーションなど、様々な言語化できない音声情報が含まれます。

 

例えば、「元気ですか」という発話をした場合も、「元気ですか?」と文末をあげて発話するか、「元気ですか。」と文末を下げて発音するかで、印象は随分変わります。

また、「元気ですか」をすごく速く言う場合とゆっくり言う場合、ポーズを入れる場合などでもずいぶん印象はかわります。

 

パラ言語とは、音声で伝わる情報のうち、言語以外の部分のことを指すことが多いです。

 

パラ言語の範囲

ただ、何をパラ言語に含めるかは結構ばらつきがあるようです。

パラ言語という用語はTrager (1958) まで遡ることができるそうですが、Tragerは、パラ言語を、音声言語を構成する非言語的手がかりという風に書いて、あまり厳密には分析していなかったようです(森 2012)。

その後、議論が発展する中で、色々な定義がでてきたのではと思います。

 

日本語教育・日本語学の参考書を見てみても、定義は若干ちがっているようです。

例えば、近藤・小森 (2012, p. 36)では、音声で伝わる情報を、言語情報・パラ言語情報と非言語情報の3つにわけて説明し、パラ言語・非言語を分けて考えています。

そして、パラ言語情報は、言語以外の音声情報で、かつ、話者が意識的にコントロールできるものとしています(近藤・小森 2012, p. 36)。

イントネーションやポーズ、リズムなどはパラ言語情報ですね。

話者が意識的にコントロールできない、音声によって伝わる話者の性別やおおよその年齢、体や心の調子(起きたばかり、風邪をひいているなど)は声質に現れる非言語情報としています。

 

一方、衣畑他 (2019, p. 177)では、イントネーション、話すスピード、リズム、ポーズ、声の大きさの他、声質もパラ言語情報に入れています。

そして、非言語情報として話し手の表情や視線、身振りや姿勢、その人物の身体、服装等を入れていました。

 

まとめ

メタ言語とパラ言語について説明しました。

全然違うんですが、混乱しやすい用語だと思います。何かのお役に立てると幸いです。