最近よく聞くTranslanguagingについて調べてみました。

Translanguagingとは

最近、多言語話者の言語使用についての論文で「translanguaging」という言葉を聞きます。ということで、これについて少し調べてみました。

もともとはtrawsieithuというCen Williams (1994)が作ったウェールズ語の言葉で、Baker (2001)が英語に翻訳したそうです。

Translanguagingというのは要するに同一の会話内でフレキシブルに複数の言葉を使うということを指すようです。ただ、二言語併用を指すコードスイッチングという用語とはどう違うのかなどという疑問が出てきます。

  • Garcia, O and Li, W. (2014) Translanguaging: Language, Bilingualism and Education. Palgrave

そこで、見てみたのが上記の本です。1章に分かりやすい図があったので、引用します。

translanguaging

(Garcia, O and Li, W. (2014) Translanguaging: Language, Bilingualism and Education. Palgrave, p. 14より抜粋)

 

バイリンガリズム

一番上はいわゆる一般的にバイリンガリズムといわれるものの図で、第一言語と第二言語が別個のものとして存在しています。

二つの言語が一つ一つ独立しているということがこのモデルの前提になります。コードスイッチング(二言語併用)というのも、このモデルに基づくもので、あくまで別個の言語が混ざり合っているという前提があるようです。

 

Cummins(カミンズ)の相互依存モデル

真ん中の図はカミンズという有名なカナダの言語学者の提示したモデルで、第一言語と第二言語は関係し合っているというものです。根底にはcommon underlying proficiency(共通する基礎能力)というものがあって、第一言語の能力は第二言語にも転移し、その逆もしかりというものです。

 

彼のモデルは継承語教育というディアスポラ・移民の子供の教育などにもかなり影響を与えました。詳しくは以下をご覧ください。

Cumminsの相互依存モデル、BICSとCALPについて

 

Translanguaging

Translanguagingというのはこの図の一番下に該当するもので、個別の言語があるのではなく、すべての言語リソースが一つのシステムとして存在しているということを指すそうです。

要するにtranslanguagingというのは、1つ1つの言語が独立してあるというよりは、自分の様々な言語リソースの中から言葉を使うということを指すそうです。それが多言語話者の場合はいわゆる「違う言語」を含むことが多いそうです。

上記の本は第一章だけサンプルで読めたのですが、時間があれば手に取って読んでみたいです。