【入門書紹介】Tsujimura (1996)の生成文法に基づく日本語言語学入門書

最近、たまたま日本語の生成文法(generative grammar)について聞かれ、以下のTsujimuraの本についてもう一度調べてみました。この本は、昔、受講していた生成文法入門コースで教科書として使っていたものです。

  • Tsujimura, Natsuko. An introduction to Japanese linguistics. John Wiley & Sons, 1996.

私が使っていたのは古い版ですが、今は最新版の2013年度版が出ているようです。

  • Tsujimura, Natsuko. An introduction to Japanese linguistics. 3rd edition. John Wiley & Sons, 2013.

 

(ただ、この2013年度版の書評(著者:Seth Goss)によると、2013年度版では生成文法のc-commandやX-bar理論などの説明はなくなっているようです。)

 

この本の統語論のところを当時受講していたコースでは使っていたのですが、初心者にでもわかりやすく説明していた記憶があります。

 



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*