第二言語習得研究における統計②:SPSSとR

  • Larson-Hall, Jenifer. A guide to doing statistics in second language research using SPSS and R. Routledge, 2015.

社会科学分野の統計ソフトで有名なのはSPSSですが、Rを使う研究者も多いようです。

上記の本の著者であるLarson-Hallは、Rの利点について以下のようにいっています。(p. 1)

Rの利点

  • 無料(SPSSは個人で購入するには躊躇する価格です)
  • 常にアップロードされている
  • より詳細な分析ができ、多彩な作図ができる
  • 統計処理をするためのコマンドを自分で記述するので、統計分析で自分が何をしているのかわかりやすい

SPSSの利点

  • コマンドを書かなくてもいいので、初心者でも使いやすい

私は昔受講したコースでRとSPSSどちらも使用しましたが、SPSSの方がユーザーインターフェースがよく、その分使いやすかった記憶があります(といっても、どちらも使えずに終わりましたが・・・)。

ただ、その当時の先生も、Rを薦めていた記憶があります。




2 Trackbacks / Pingbacks

  1. 第二言語習得研究における統計③:変数 – 旅する応用言語学
  2. 第二言語習得研究における統計⑨:Partial correlation – 旅する応用言語学

Comments are closed.