「それに」「さらに」「その上」の違いについて

参考にした本

「それに」「さらに」「その上」の違いについて調べてみました。

参考にしたのは、以下の本のp. 26-27です。

  • 庵功雄・三枝令子 (2013) まとまりを作る表現-指示詞、接続詞、のだ・わけだ・からだ-

↑上級学習者のための文法演習本です。他にもシリーズがあり細かいところまでカバーしているので、上級を教えるときには役に立ちます。

 

 

「それに」「さらに」「その上」の違い

「それに」・「さらに」・「その上」はいずれも何かを付け加えるときに使いますが、以下のような違いがあるようです。(庵・三枝 2013, p. 26-27)

  • それに話しことばです。似たようなことを加えるときに使います。
  • さらに書きことば/固い表現です。似たようなことを加えるときに使います。「はじめに、次に」の後に来て、順に並べるときに多いです。
  • その上特別なことを付け加えるときに使います。また、後に意志・依頼・命令等の表現は来ません。

 

「それに」について

「それに」は、以下のように似たようなことを付け加えるときに使います。話しことばです。

  • Aさんは、頭がいいし、それにすごく親切です。
  • 最近はすごく忙しい。宿題もたくさんあるし、それにバイトもある。
  • 私がこのバイトを選んだのは、仕事も楽しそうだし、時給も高いし、それに家からも近かったからだ。

 

「さらに」について

「さらに」も「それに」と同じく、似たようなことを付け加えるときにつかいます。

ただ、「さらに」と違って、固い表現です。また「はじめに、次に、さらに」と順番立てて話すときに使うことが多いです。

  • まず、現在の日本の医療制度について説明する。 次に、医療制度の問題について検討する。さらに、他の国の医療制度とも比較したい。
  • 調査の結果、スマホの使用について〇〇という結果が見られた。さらに、男女差を調べてみると、次のような結果が出た。

上記でも述べた通り、書きことば的なので、以下のようなカジュアルな場面では、理解はできますが、あまり使用しないようです。

  • A:最近どう?
    ?B:最近すごく忙しい。宿題もたくさんあるし、さらにバイトもあるよ。

 

「その上」について

「その上」は特別なことを付け加えるときに使います。「その上」も「それに」よりは固い言い方です。また、後に意志・依頼・命令等の表現は来ません。

  • 昨日、山田さんにご飯をご馳走してもらった。その上、お土産までいただいてしまった。
  • 道に迷ってしまった。その上、運の悪いことに、雨も降り出した。
  • 彼は素晴らしい学者で、その上、詩人でもあった。

上記の場合は「それに」や「さらに」でも置き換えられますが、「その上」があると、「お土産をいただいてしまった」、「運の悪いことに、雨も降りだした」「詩人でもあった」という後件に重きがおかれたり、後件が強調されることが多いようです(楊・馬場 2004, p.36)。

 

また「その上」の場合は、あまり意志・依頼・命令等の表現は来ないようです。

  • ?明日までにレポートを書いて出してください。その上、ワークブックもやってきてください。
  • ?来週、京都に旅行にいく。まず、清水寺を見たい。その上、京都に住んでいる友達にも会いたい。

上記の場合も、意味は通じるとは思いますが、あまり使わないということかなと思います。

 

まとめ

「それに」「さらに」「その上」についてまとめました。「それに」は話しことば、「さらに」「その上」はそれより固い表現です。

また、「その上」の場合は、後件の内容が強調されることが多いともいわれているようです。

 

 



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*