「ではないか」と「のではないか」の違いについて

参考にした本

「ではないか」と「のではないか」の違いについて調べてみました。

参考にしたのは以下の本のp. 15です。

  • 三枝 令子 (2003). 日本語文法演習 話し手の気持ちを表す表現―モダリティ・終助詞 . スリーエーネットワーク

 

「ではないか」「のではないか」
  • 全然電話がつながらないなあと思っていたら、なんと番号が間違っているではないか
  • 全然電話がつながらない。もしかして番号が間違っているのではないか

「ではないか」は、何かに対する反論強い意見を言うときに使います。

上の文だと「番号を間違えていた」ということを、強く言っています。

 

「のではないか」は、「そうかもしれない」と主張をやわらげるときに使います。

上の文だと「番号が間違っているのかもしれない」という意味になります。

 

ただ、名詞やナ形容詞が「ではないか」の前にくる場合は、「ではないか」が「のではないか」と同じ意味に使われることもあります。

  • こんなときこそゆっくり休んで考えることが必要ではないか
  • こんなときこそゆっくり休んで考えることが必要なのではないか

この場合「必要ではないか」は、強く意見をいう意味と、主張をやわらげる意味の両方で使うことができます。(コンテクストによって意味が変わります)

 

その他の記事

ご興味があればこちらもご覧ください。