「思う」「思える」「思われる」の違いについて

「思う」「思える」「思われる」の違いについて

「思う」「思われる」「思える」の違いについて調べてみました。

  • この事件は解決したと思う
  • この事件は解決したと思われる
  • この事件は解決したように思える

この「思われる」というのは、形式としては受身形と同じですが、自発の形(自然にそのようになるという意味)になります。

それから、「思える」というのは、可能形ですが、意味的には自発に近いと言われています。

 

意味の違い

「思われる」「思える」は硬い文章で使う

中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック』(白川他 2001, p. 191)によると、「思われる」と「思える」はほぼ同じ意味で使われるそうです。

 

「と思う」が使いにくい論文などで、「と思う」の代わりとして使われると言っています。

「思われる」、「思える」のどちらも、論文などの硬い文章のときに出てくるもののようですね。

 

「思われる」は客観性が強い

留学生のためのここが大切 文章表現のルール』(p. 39)では、「思われる」と「思える」の意味の違いにも言及していました。

 

説得力を高めたいときは「~と思われる」を使うようです。

~と思われる(石黒・筒井 2009, p. 39)
論理的に考えるとその結論になるという意味。論文・レポートによく使われる表現で、客観性(objectivity)が強い

 

例えば、「犯人はAさんだと思われる」といった場合、書き手が結論が述べるような感じに聞こえます。

 

「思える」は個人的な気持ちを述べるときに使う

留学生のためのここが大切 文章表現のルール』(p. 39)によると、「思える」は個人的な気持ちを述べるので、説得力に欠けると言っています。

~と思える(石黒・筒井 2009, p. 39)
ほかの人はそう思わないかもしれないが、書き手自身が自然にそう思うという意味。個人的な気持ちを述べるときに使う。

 

「犯人はAさんのように思える」というと、結論というより、自分がそう思うといったニュアンスが強くなるかと思います。

 

注意

「思える」は「ように思える」のほうがよく使う

なお、「思える」の場合は「と思える」より「ように思える」のほうが多用されます。(白川他 2001, p. 192)

 

「思える」「思われる」のときは「私は」ではなく「私には」が普通

私は彼が犯人だと思う。

は彼が犯人だと思われる。

は彼が犯人のように思える。

 

「思われる」「思える」のときは、「私には」になるのが普通です。(白川他 2001, p. 192)

 

まとめ

「思う」「思える」「思われる」の違いについて調べてみました。

基本は「思える」「思われる」は硬い文章で使われ、「思われる」のほうが客観性が強い(説得力を高めるときに使う)ようですね。