モダリティ、ムード、ヴォイス、アスペクト、テンスの用語についてのまとめ

言語学でよく使うモダリティ、ヴォイス、アスペクト、テンスという、述語に関する用語についてまとめておきます。見解の違いはあるとは思うのですが、私はだいたい以下のように理解しています。

①モダリティ(法性)

話し手の気持ちや主観的態度という説明がされることが多いです(諸説ありますが)。例えば、下記の例のように述部にいろいろくっつけることによって話し手が「彼が来る」という事柄をどうとらえているかを示すことができます。

  • 彼は来るだろう
  • 彼は来るかもしれない
  • 彼は来るはずだ
  • 彼は来たほうがいい

「たぶん」「絶対に」などの副詞や、「よ」「ね」などの終助詞もモダリティに入れる場合もあるようです。
モダリティはムードと呼ばれることもあります。ムードとモダリティについてはまたいつか時間があれば触れられればと思います。

 

ご興味のある方は、モダリティに関するその他の記事もご覧ください。

②ヴォイス(態)

これは参加者(文に現れる人)の立場を表す表現です。例えば以下の文を見てみます。

  • AがBをたた(能動)
  • BがAにたたかれる(受身)
  • CがAにBをたたかせる(使役)

これらの文は基本は「AがBをたたいた」という事実は同じなのですが、言い方が異なっており、それによって読み手が受ける印象も変わりますし、これらの文が使われる文脈も異なってきます。

このような出来事をどの立場から表現するかという点に注目したものがヴォイスと言われます(庵 2012。p.98)

ヴォイスの研究といえば、基本は受け身、使役、授受表現(あげる・くれるなど)などが多いと思います。

ご興味のある方は、ヴォイスに関するその他の記事もご覧ください。

③「アスペクト」(相)/「テンス」(時制)

アスペクト(相)はある動作・行動の局面のことです。例えば同じ「ご飯を食べる」という行為でも以下のようないろいろな局面があります。

  • ご飯を食べる(開始)
  • ご飯を食べるところだ(開始直前)
  • ご飯と食べている(進行)
  • ご飯を食べ続ける(継続)
  • ご飯を食べた(完了)

こういった開始、進行、継続、完了等の局面のことを「アスペクト」といいます。
テンス(時制)というのは、過去・未来・現在という時間に関係するものです。

  • ご飯を食べる(未来)
  • ご飯を食べている(現在)
  • ご飯を食べた(過去)

ここでテンスとアスペクトがごっちゃになりがちですが、別のもので、例えば同じ「進行」というアスペクトでも、以下のようにテンスが変わることもあります。

  • ご飯を食べている(進行・現在
  • ご飯を食べていた(進行・過去

同じテンスでもアスペクトが変わることも勿論あります。

  • ご飯を食べていた(進行・過去)
  • ご飯を食べた(完了・過去)

ご興味のある方は、テンス・アスペクトに関するその他の記事もご覧ください。

日本語学の概論書

モダリティ・テンス・アスペクトについてはどの日本語学の概論書でもカバーされています。もし日本語学の入門書に興味のある方はこちらもご覧ください。

学部生向けの日本語学概論で使用されるような教科書のまとめ

日本語学習者用の文法演習シリーズ

これらの項目を学ぶための日本語の上級学習者用の文法演習シリーズについてはこちらの記事をご覧ください。

モダリティ・ボイス・アスペクト・テンスを学ぶときに便利な文法演習本について