【入門書紹介】日本語文法を教える際の便利な参考書

私は日本語の授業を教えることもあるのですが、日本語を教える際に役に立つ文法参考書として、以下のようなものがあります。

以下の参考書は、学生時代の恩師から紹介してもらい、購入したのですが、今までずっと使い続けています。

  • 市川保子. 初級日本語文法と教え方のポイント. スリーエーネットワーク, 2005.
  • 市川保子. 中級日本語文法と敎え方のポイント. スリーエーネットワーク, 2007.

初級と中級どちらもあり、読みやすいので重宝しています。

 

もう一つは以下の参考書です。

  • 松岡弘, 庵功雄, 高梨信乃, 中西久美子, 山田敏弘. 初級を教える人のための日本語文法ハンドブック. スリーエーネットワーク . 2000.
  • 白川博之, 庵功雄, 高梨信乃, 中西久美子, 山田敏弘. 中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック. ス リーエ ーネットワーク. 2001.

こちらも初級と中級に分かれていて、学習者からよく出てくる細かい文法の違いなどが説明されているので、教える際には大変役に立ちます。私も授業で新しい文法事項を扱う際は、今もよくこういった参考書を参考にしながら、準備をして、学生からの質問に備えています。

もし日本語を教え始められるという方がいらっしゃったら、この4冊はおすすめです。

 

 

 



1 Trackback / Pingback

  1. 「ものですから」「んです」「ですから」の違いについて – 旅する応用言語学

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*