日本語能力試験(JLPT)のおすすめの勉強本について

日本語能力試験(JLPT)の勉強に役立つおすすめの勉強本についてです。

 

新完全マスターシリーズ

スリーエーネットワークが出版している問題集です。

各級ごとに、読解・語彙・文法・漢字・聴解と分野別に問題集が発売されています。

 

文法は、各級に必要な文法の例文・説明と、問題から構成されていて、文法の説明は教師にも役に立ちます。

語彙は、「人間」「生活」「交通」などのテーマごとに語彙を導入しています。

聴解・読解も、実際の試験と似たような問題が掲載されています。また、試験で使えるストラテジーなども紹介しています。

 

日本語能力試験の範囲をじっくりと網羅したい人には、説明も詳しいのでおすすめです。私の周りでもこのシリーズを使っている人は教師・学生ともに多いです。

 

日本語総まとめシリーズ

新完全マスターと同じで人気があるのが、アスク出版の日本語総まとめシリーズです。

これも各級ごとに、分野別に問題集が発売されています。

イラストが多くて見やすいレイアウトになっています。また、一つ一つの課が新完全マスターシリーズに比べると簡潔な印象です。

章立てなのですが、「一章」「二章」ではなく、「一週目」「二週目」と週ごとになっていて、1~2か月の間、毎日少しずつやれば1冊終了できるようになっています。毎日コツコツやるのが好きな人におすすめです。

 

他にも紹介したい参考書はあるので、また随時書き足していければと思います。